後期研修医募集

後期研修医募集について

筑波大学附属病院腎臓内科では、腎臓内科専門医をめざす医師を対象に、後期研修医を募集しています。

筑波大学付属病院筑波大学附属病院腎臓内科では、原発性糸球体腎炎、糖尿病・高血圧・膠原病等による二次性腎疾患、多発性嚢胞腎を含めた遺伝性腎疾患、間質性腎炎など全ての内科的腎疾患ならびに急性・慢性腎不全および維持透析患者における合併症などを総合的に診断、治療を行っております。

後期研修修了時には、日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本高血圧学会などの学会認定医,専門医に必要なスキルが習得できることを目標にプログラムが構成されております。そのほか、各レジデントは在職中から基礎および臨床研究指導が受けられ、修了後は大学院進学、留学、臨床を続けながらの研究生の継続など、希望に沿った進路を選択することが可能です。

研修制度についてはこちらから

研修プログラムについてはこちらから

女性医師に対するキャリア支援

筑波大学腎臓内科では女性医師に対して、出産・育児などの社会的事情に配慮し、働き続けられる環境の整備にも努めております。

一般常勤医としての勤務が困難になった場合の勤務機関との労働環境の調整、また、キャリア継続および専門医取得の支援などを積極的に行っております。そのほか、一時離職後の常勤・非常勤医師としての復帰支援にも取り組んでおります。さらに、筑波大学附属病院では、女性医師/看護師の復職等に対する事業として、女性医師/看護師キャリアアップ支援システムがあり、病院としての女性医師の臨床現場定着・復帰支援に取り組んでおります。

このサイトに対するご意見・お問い合わせは問い合わせフォームからお願いします。問い合わせフォーム

Copyright(c) 2009 UNIVERSITY OF TSUKUBA, DEPARTMENT OF NEPHROLOGY , All Rights Reserved.

筑波大学腎臓内科|前期研修医/後期研修医・専門医募集|茨城県つくば市